海外のリゾート地で暮らしたい女性のための求人サイト

時差ぼけ対策編

時差ぼけ対策編

今回は大体海外に行くと悩まされる時差ぼけについてです。
せっかくの海外に行ったのに時差ぼけで大事な時間を寝てしまったなーんてことがあってはもったいなすぎます。

そこで、行く前、機内で、行ってからできることをご紹介します♪
是非今後の旅行に役立ててみてくださいね♪

1.搭乗前にするべき対策

mame-lag-003

到着時間の調整

これができるのなら、1番いいのはこれ!!!!!

現地に夕方~夜に到着する飛行機に乗ること!
現地についてからの移動や夕飯、シャワーの時間も考えて、午後10時までに就寝できるようにするとなおいいです!
朝や昼着くと確かに使える時間は増えるけど機内に何時間もいるのは体が疲れます。
旅疲れしているのに朝や昼間だから寝れないなんてことがない方が次の日からバッチリ時差ぼけなく動けます!
お店によっては朝の便でついてその日の夜出勤なんて場合もあるのでその場合は時差ぼけは置いておいてついたら寝ましょう笑

数日前から睡眠時間を調節する

これはギリギリまでお仕事なんかをしてるとなかなか難しいですが、現地時間を意識して生活するだけでもいいと思います!
ちょくちょく世界時計を見て時間の感覚をつける、これだけで現地での想像ができます♪
出来る人は出発の数日前から起きる時間や寝る時間を少しずつずらしていき、徐々に現地の就寝時刻に近付けるとよいでしょう。

2.機内でするべき対策

mame-lag-002

時計を現地時間に切り替える

これも絶対やった方がいいことです!
飛行機に入ったらもう日本の時間は忘れること。
入った瞬間から現地時間の感覚で動くこと。
これはすごく大事なことです!人間の脳って、よい意味で意外とおバカなので笑
時計を現地の時間に合わせることで、視覚的に現地時間を感じることができます!
潜在意識の中に時間を植え付けることで体内時計も変わりやすくなり、時差ボケ軽減に役立ちます

就寝の3~4時間前にはアルコールやコーヒーを避ける

非日常に興奮し、ただでさえ寝つきにくくなっているので、決めた就寝時間から逆算をして、その3~4時間前から刺激で眠りを妨げるような効果を持つアルコールやカフェインの摂取は控えた方がいいと思います!
逆にアルコールで眠くなれるタイプの人は睡眠時間などを逆算して飲みましょう

2時間以上は眠らない

これは現地に到着する時間にもよります。
朝つく場合は夜だと思って寝るべきです。

もし夕方や夜着ならば出来る限り寝ないに限ります笑

3.到着後にすべき対策

mame-lag-001

暴飲暴食は避けて軽食にする

現地ではいつもとは違う食事にテンションが上がり、ついつい暴飲暴食をしてしまいがちですが、大食いは睡眠を妨げるので時差ボケがひどいときは避けましょう。

そして飛行機のあとの体、新しい場所に来た体は思った以上に消化器官も疲れています。
いつもより消化にパワーを使うので最初は体にいいものをオススメします!

太陽の光を浴びる

眠るまでかなり時間があるようならひなたぼっこするのがオススメ!
人間の体は太陽の光で体内時計を調整します!身体中で浴びることによって体内時計が現地の時間に調整されるのです。

眠る前にバスタブにお湯を張って入浴をする

対策したけれどなかなか寝付けないという場合は、バスタブでゆっくりお湯に浸かりましょう。
お湯に浸かるとリラックス効果がありますし、お風呂上がりの体温低下とともに一気に眠りに付ける可能性が高くなります

どうでしょうか?プライベートで時差ぼけをしたくないと言うのはもちろんですが、仕事だと普通の人とは違う時間感覚で過ごすので、時差ぼけ対策をしっかりすることで体調なども崩しにくくなります!

体調管理もしっかりして仕事もプライベートも楽しんじゃいましょう!

求人一覧ボタン
お問い合わせボタン
リゾバ女子4つの魅力
経験できる

経験できる

貯められる

貯められる

リゾバ女子.comって?

出会える

リゾバ女子.comって?

楽しめる

リゾバ女子サービス
スタッフ募集
ブログ
リゾバ女子.comって?
メリット
観光スポット
エリアの説明
お仕事までの流れ
面接について
海外生活について
海外生活まめ知識
所得税
募集要項
よくあるご質問
twitter
フェイスブック
広告掲載
TOP