海外のリゾート地で暮らしたい女性のための求人サイト

あると使える!便利!持ち物編

あると使える!便利!持ち物編

knowledge-btool

化粧品、スキンケアグッズ、コンタクトの洗浄液

海外でも同じ物が日本よりも安く売っていることが多いメイク道具。
ただちょっと待って!まったく同じ物でも実はその国によってその地域の人たちに合うように成分や内容物が少しずつ変えられているのがお化粧品。

慣れない生活になっていきなりお化粧品まで変えちゃうと肌荒れの原因にも・・・。
生活に慣れるまで は日本から持っていった物を使うことをおすすめします。

knowledge-drug

常備薬(風邪薬・胃薬・目薬・痛み止め)

これは必須です。
ぜーーーーーーったいに何があっても持って行ってください。外国の薬は外国人の体に合わせて作られています。

日本人の体はとても繊細で敏感なので海外の薬が合わないことが多いです。
特に酔い止めや痛み止め、風邪薬や下痢止めなどは多めに持って行ったほうがいいでしょう。

knowledge-pocari

ポカリスウェットの粉

常備薬とあわせて必ず持って行ってほしいのがこれです。

熱が出たとき、下痢をしたとき、なんだか体調が優れないとき、二日酔いのとき、飲む点滴といわれるポカリはどんなときにも万能です。
薬を飲むほどでもない体調不良のときなど体の調子を整えてくれます。

海外保険

海外では日本の健康保険は効きません。
少し高いと思っても滞在日数分、加入することをおすすめします。

加入していないとちょっとした怪我や病気の診療なのに、治療費が数十万円~数百万円になることもザラです。

また、海外旅行保険は盗難にあったりした場合にも適用になることがほとんどです。
自分を事前に守るという意味もこめてかならず加入しましょう。

電子辞書、携帯の辞書アプリ

どうせ行くなら現地の言葉も学びたい!というひとがほとんどでしょう。

分からない言葉があったときやちょっとした会話を現地の言葉で話してみたりすることで徐々に話せるようになっているかも!

ノートパソコン、タブレット

海外は町中やカフェ、レストランなどなど表記していないところでも聞くとパスワードを教えてくれたり、日本に比べてFree Wi-Fiのところが多いです。

日本語フォントが入ったPCやタブレットと言うのは調べ物をしたり、Skype等を使っての両親や友達と連絡を取ったりと便利です。

同じようにスマートフォ ンやiPhoneもWi-Fiを通して使うことも可能ですが、その際は通信費がいつのまにかとても高額にならないようにデータローミング機能をオフにするのを忘れないようにしましょう!

お洒落用ワンピース、ヒール

お仕事の後にちょっとお出かけ♪お休みの日にディナーの予定が!なーんてこともあるかもしれません。

ドレスコードがなくても夜はいつもよりもすこしドレスアップをするのが海外での誘われたときのマナーです。

日本でいう結婚式に呼ばれたときほどはドレスアップしなくてもいいですが、Tシャツにショーパンのようなカジュアルではなくお洒落しているのが分かるくらいにはしたほうがいいですね。

変圧器、充電器

これは国によっては必須になります。
日本製のドライヤーやヘアアイロン等を持って行く場合等にも必須となります。

ただ、変圧器を買って日本製のものを持って行くよりも現地でドライヤーやヘアアイロンを購入したほうが安い場合もあります。

また、携帯やデジカメの充電器などは最近のものであると変圧器の要らないものもありますがその場合でも変換プラグが必要になります。

差し込み口の形は国によって異なりますので事前に自分の行く国のプラグの形は調べておきましょう。

体を洗うもの(ボディタオル系のもの)(海外のシャワーは基本的に固定)

身体を洗うという毎日が不便だと疲れも全く取れません!
日本と違ってバスタブにお湯をはって入ったりしない国がほとんどです。

シャワーのみでもなるべく気持ちよく入れる様にあると便利です。

日焼け止め

日焼け止めは行く国によりますが、白人用では黄色人種である日本人には今一合わなかったり匂いが駄目だったりします。

頭用の日焼け止めスプレー等は現地で買ってもいいと思いますが、肌に付ける物は日本で用意していくのがいいと思います。

南半球へ行く場合は日本と季節が逆になってますので、タイミングが悪いと手に入れにくい場合があります。

ヘアピン、安全ピン

普段絶対使わないという人でも意外にあると便利なのがこの二つ!細かい物ですが、新しい土地でのハプニングはつきもの。

本来の使用目的以外にも色々使えて便利ですので、是非お持ち下さい。

カロリーメイト、カップ麺、みそ汁、お菓子などの日本の軽食

こちらは簡易で保存がきき携帯が便利なサイズで匂いがきつくない物であれば何でも構いません。

時差ボケの為に晩御飯があまり食べれなくて夜中にお腹が空いてしまった!
でも夜中じゃ買いに行けない!日本食高い!なんて事も結構あります。
体調を崩した時やちょっと何か食べたい時にも便利です。

水着

海外は可愛いものも多いですが、とりあえずサイズが日本とは全然違うのでとりあえずは自分のものを持って行っておくのをおすすめします。

耳かき・爪切り・爪賤り・綿棒等

割と無いなら無いで困ります。
小物は日本ではすっと手に入っても、海外では探す事になる場合もありますので持っていくと便利ですね。

ポケットティッシュ、ホッカイロ、熱さまシート

まずこの3つは全然見つからないもしくは海外にはありません。

そしてあるとなにかと助かるのがこれらです。持って行って損はないでしょう。

とくにポケットティッシュは海外のお手洗いはトイレットペーパーがないことがほとんどですのでいつも持ち歩いたほうがいいでしょう。

クレジットカード

大きな買い物の予定がなくても保険が適用されたり、身分証のかわりになったり、いろいろと使えるのがカードです。

特にVISAやマスターカードなどは使えるお店が多いです。
ただ、海外ではカードを使用した際にスキミングに合ってしまったり、ぼったくられたりということもあります。

なにかあったときのためにカードの両面のコピーと緊急連絡先はいつも手元にあるようにしましょう。

海外用お財布、パスポートケース

日本に比べて海外は本当にスリ、盗難、置き引きが日常茶飯事におこります。
貴重品はかならずいつも身に付けておきましょう。

レストランでの席取りや出会ったばかりの外国人の友達に預けたりするのは絶対にやめましょう。
日本とちがって海外でなくなったものは99%戻ってきません。

また、お金は一つのところに全 部いれるのではなく小分けにしていろんなところに分散させておきましょう。
一度に全額盗まれるということを避けられます。

パスポートは自分以外取れないよ うなところ(腹巻きの中やかばんの一番内側のt小さいポケットなど)にいれておきましょう。

決してリュックやバックの外側などには大事なものはいれないで下さい。

求人一覧ボタン
お問い合わせボタン
リゾバ女子4つの魅力
経験できる

経験できる

貯められる

貯められる

リゾバ女子.comって?

出会える

リゾバ女子.comって?

楽しめる

リゾバ女子サービス
スタッフ募集
ブログ
リゾバ女子.comって?
メリット
観光スポット
エリアの説明
お仕事までの流れ
面接について
海外生活について
海外生活まめ知識
所得税
募集要項
よくあるご質問
twitter
フェイスブック
広告掲載
TOP