海外のリゾート地で暮らしたい女性のための求人サイト

オセアニアエリアについて

オーストラリアの観光

六大州(世界を地理学的に六つの大州に区分したものの総称)の一つで、オーストラリア大陸とニュージーランド、フィジー、パラオ、ツバル
等その近辺の島々を指します。

オーストラリア大陸の国土面積は日本の20倍なのに、人口は6分の1の約2000万人です。

大陸の大部分を占める高温・乾燥地帯では、水や食べ物がほとんど得られません。

そのため内陸の不毛地帯に住む人はわずかで、オーストラリア人のほとんどは東 西に大きくへだたった2つの沿岸地域に住んでいます。

そのうち東から東南にかけての一帯が、面積、人口ともにもう一方の南西沿岸部をはるかに上回 りますが、どちらの地域でも人口は各州の州都をはじめとした都市部に集中しています。

元々オーストラリアはイギリスの植民地だったので、オーストラリアでは英語が母国語として使用されています。

しかし、イギリスやアメリカに比べてオーストラリアの英語は解りやすいとも言われます。

それは、オーストラリアが多民族国家の為、言葉の違う民族同士がより確実・簡単にコミュニケーションをとるために解りやすい英語が使われるようになったと言えるでしょう。

言い換えると、もともと英語が母国語ではない方も多く暮らしている国なので、言語・語学習得の苦労も分かち合え、つたない語学力でもそれを受け入れ理解してくれる文化がオーストラリアにはあります。

これは、オーストラリアで英語を勉強し上達させる上で、大変重要な要素です。

基本的にオーストラリア人、いわゆるオージーと言えばおおらかな人が多いです♪

オーストラリアでよく耳にする言葉の代表格「No Worry Mate!(大丈夫!心配いらないよ!)」を体現するかのような人がアチコチにみえます。

バスや電車の時間がしょっちゅう遅れるのもNo Worry精神からきているのかもしれません。

そうかと思えば災害などのトラブル時には一致団結して立ち向かうという、これは大自然を相手に苦労して戦い続けて来た彼らの祖先の血の名残りかもしれません。

男女平等も行き渡っていて、家事育児に協力的な行政とオージー男性により女性が子どもを産み育てやすい環境でもあります。

週末の朝のビーチでは子ども連れのお父さんの姿が多くみられます♪

そして後は太陽とビールがあればご機嫌な人が多いいオージー!

ビーチ以外でも裸足の人をよく見かけるし、寒い冬の日でもタンクトップに短パンだったり。

要するに「周りの目より自分の気持」を優先させ、それに対しても良い意味で周囲に無頓着な人が多いのが特徴です。

最初は変だなぁなんて思っていた日本人も住み慣れていくにつれて周りの目にとらわれない気楽さに病み付きになる日本人も多いようですよ☆

気候は?

オーストラリアは日本とちょうど反対の南半球にあるため、日本とは季節が逆になり、日本が夏の時は、オーストラリアは冬、日本が冬の時には、オーストラリアは夏になります。

年間を通して日差しが強いので、サングラスと日焼け止めクリームは必需品ですよ♪

また、都市によってまったく違った気候風土を持っているので、服装は訪れる時期や都市によって決めましょう☆

治安はどうなってるの?

外国の中でも、比較的治安が良いとされている国のひとつがオーストラリアですが、それでも置き引き、スリ、車上狙いといった被害はゼロではありません。

最近多いのはお財布だけでなく、スマホの被害もあるのでカバンをちゃんと閉めるようにしましょう。

そして夜間の一人歩きや、高価な物を人目につくように身につけないことも大切です!

オセアニアエリアの人気都市

求人一覧ボタン
お問い合わせボタン
リゾバ女子4つの魅力
経験できる

経験できる

貯められる

貯められる

リゾバ女子.comって?

出会える

リゾバ女子.comって?

楽しめる

リゾバ女子サービス
スタッフ募集
ブログ
リゾバ女子.comって?
メリット
観光スポット
エリアの説明
お仕事までの流れ
面接について
海外生活について
海外生活まめ知識
所得税
募集要項
よくあるご質問
twitter
フェイスブック
広告掲載
TOP