海外のリゾート地で暮らしたい女性のための求人サイト

デュッセルドルフについて

デュッセルドルフとは?

ドイツの西部にある都市、デュッセルドルフ。画家や写真家など多くの芸術家を輩出しているため、ファッションと芸術の発信地など様々なキャッチフレーズを持っています。

ライン川の両岸をまたぐように位置し、この地域一帯の経済の中心地となっている経済都市で、大きな企業も多く拠点としています。

約450社の日本企業が進出しているので日本レストラン、スーパーマーケット、本屋などがずらりと建ち並ぶ中央駅前のインマーマン通りにいけば日本製のものも調達できるので安心ですよ!
日本からのフライトは、直行便で約12時間です!

時差は?

日本との時差は8時間です。
日本のAM7:00が、ドイツでは前日のPM11:00となります。

サマータイム実施中は7時間の時差になり、その時期は3月の最終日曜AM2:00(=AM3:00)~10月の最終日曜AM3:00(=AM2:00)となります。

気候は?

四季ははっきりしており、夏は日本のような湿気はなくとても過ごしやすく、近年は真夏に30度を越す日もみられるようになった。

冬は長く寒さも厳しいため本格的な防寒服の持参が必要。

治安はどうなってるの?

ヨーロッパの中でも治安が良いと言われるドイツ。

しかし近年スリなどの軽犯罪が多発しているので、貴重品に気をつけたり、高価なものを身につけないようにしましょう。

デュッセルドルフの人気観光地

ライン河畔の遊歩道

デュッセルドルフの象徴ともいえるのが、街の中心をスイスアルプスに始まりヨーロッパを流れるライン川。川沿いには広々とした遊歩道が2kmも続き、ライン川流域で一番美しい河畔とい われています。ラインタワー、メディエンハーフェンなどデュッセルドルフを代表する建物を間近に見ることができ、晴れた日の夕方や休日には、散歩を楽しむ人々でいっぱいに。ここから眺める夕日は、とても ロマンチックで定番のデートスポットにもなっています。

ベンラート城

デュッセルドルフ南部にある18世紀に選帝侯カール・テオドールの離宮として建てられたベンラート城は、ヨーロッパではまれになってしまった後期ロココ様式の建物 で、第一級の建築芸術とされています。美しい庭園が自慢のこの豪華なお城の内部はガイドツアーで見学することができます。ライン川から引き 水をした池のまわりに森が広がり、ゆっくり散歩を楽しむのにおすすめの場所です。場所はデュッセルドルフ中央駅から約10分のベンラート城か ら下車。そこからだいたい徒歩10分ほどで到着します。

旧市街

中世の面影を今にとどめる旧市街「アルトシュタット」は、
約260軒ものレストランや居酒屋がたくさん集まることで知られています。
世界で一番長いバーカウンターという異名を持つほどです!名物の「アルトビール」が飲める伝統的なブラウハウス(醸造所兼酒場)も人気です。
酒場としてのイメージが強いアルトシュタットですが、詩人ハインリッヒ・ハイネの生家があったり、古い建物が立ち並ぶ石畳の小路や、美しい市庁舎広場など風情ある一角もあるので、夜だけでなく昼間のお散歩もおすすめです!

ラインタワー

ライン川沿いにそびえる1982年に建設された電波塔で、高さ234mの州で一番高い建物です。展望台からは、大きく弧を描くライン川やデュッセルドルフ市街が一望でき、晴 れた日にはライン川流域の郊外の街々やケルンのケルン大聖堂あたりまで望むことができます。
いずれのフロアも窓ガラスが斜めになっているため、足元までばっちり見えるのでスリル満点!!
1時間に1周する回転レストランでは、街を眺めながら食事が楽しめます。
そしてこのタワーのもう1つの特徴が、デュッセルドルフのデザイナー、ホルスト・H・バオマン作の照明を使った 10進法時計。夜になると塔の側面に並ぶ小窓が発光し、時間・分・秒を刻む仕掛けになっています。

求人一覧ボタン
お問い合わせボタン
リゾバ女子4つの魅力
経験できる

経験できる

貯められる

貯められる

リゾバ女子.comって?

出会える

リゾバ女子.comって?

楽しめる

リゾバ女子サービス
スタッフ募集
ブログ
リゾバ女子.comって?
メリット
観光スポット
エリアの説明
お仕事までの流れ
面接について
海外生活について
海外生活まめ知識
所得税
募集要項
よくあるご質問
twitter
フェイスブック
広告掲載
TOP